個性と美意識を凝縮した仕事場

築10年程のクリニックの院長室のリフォーム事例です。
普通のインテリアだったお部屋から、心機一転、全く違う空間にリフォームしました。

Coordination Theme

お忙しい日々の業務の中、少しでも癒しの空間となって欲しい。
男性的だけど、柔らかな空間を目指しました。
小さな小宇宙の中に好きなもの、良いものを詰め込む。
黒・グレー・シルバーのベースカラーの空間。
スイス製のモダンクラシックデザインであるUSMの家具を中心に展開。
固くなりすぎず、少しカジュアルに。
リラックスしながら、仕事に集中できる、自分だけの空間です。

Gallery

カラースキームはややトーンを落としてグレイッシュな展開に。
床は土足OKのフロアタイル仕上げ。
モルタル風の質感あるグレーのフロアタイルです。
同じ色味で壁・天井のクロスを仕上げ、窓側に一面素材感のある輸入クロスを貼りました。

背面の収納家具はホワイトでしたが、木目ダーク色のシートを貼り、違う印象の家具に
生まれ変わりました。(2枚はbefore写真)
スタッフさんとの面談用の椅子は、ゆったりとした気持ちで会話が出来るようにラウンジチェアをセレクトしました。
アクセントとなるペンダント照明は、有名なFLOSのOKライト。
イタリアデザイン界の巨匠、Achille Castiglioni(アッキーレ・カスティリオー)によって1971年に発表された名作「Parentesi(パレンテージ)」に敬意を表し、現ドイツを代表するデザイナー、Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)がリデザインしたLEDライトです。

カラーはイエローをチョイス。
USMのネイビーの収納との色の対比が素敵です。

デスクランプにも存在感のあるアルテミデランプを採用。
イタリアの人気デザイナー、ミケーレ・デ・ルッキによる軽快でスタイリッシュなアームライトの小型サイズのLEDモデルです。8WのLEDを搭載し、低消費電力です。ベッドサイドなど、短時間の読書灯しておすすめです。
灯具部のスイッチは点灯・消灯はもちろん、調光も可能です。

少し疲れたな~と寛ぎたい時ににはこれらのランプが気持ちも癒してくれるでしょう。
家具:インターオフィス
   藤栄(FIS)
オカムラ製作所
   造作家具(リメイク)
ブラインド:TOSO
照明器具:ヤマギワ照明
床・壁仕上げ材:サンゲツ